コードレス掃除機 ハンディで気軽にお掃除 おすすめ機種を比較

コードレス掃除機 ハンディで気軽にお掃除 おすすめ機種を比較 ハンディ型の掃除機は、その名の通り便利で使いやすい、コンパクトな掃除機です。ちょっとしたゴミをすぐに処理したいとき、狭いスペースのゴミを何とかしたいとき、車内の掃除をしたいときなどに活躍する掃除機ですね。

 コードレスタイプは、当然ですが、コード式に比べてパワーが落ちるので、メインの掃除機ではなく、補助的な使われ方をするのが一般的でしょうか。それでも、ゴミやほこりが気になったらすぐにハンディ型コードレス掃除機できれいにすれば、たとえパワーが弱くとも、掃除機の役割を十分に果たしてくれるものと思います。

 [コードレス掃除機 はじまりと種類と チェックポイント]で紹介した、コードレス掃除機を選ぶときのチェックポイントに注目しながら、おすすめのハンディ型コードレス掃除機を見ていきましょう。

 以下に、チェックポイントをまとめておきます。

 ◇吸引力:ワット数が大きいほど吸引力が高い。
 ◇連続使用時間、充電時間:充電時間は短く、使用時間は長いほうがいいですね。
 ◇集塵方式、集塵容量:紙パック式は手が汚れにくいがランニングコストはかかる。サイクロン式は消耗品コストはかからないが、ゴミ捨てのときにホコリが舞いやすい。また、サイクロン式と同様にダストボックスに直接ゴミを集めるが、ゴミと空気の分離に遠心力を使わず、フィルターで分離する、カプセル式(紙パックレス式)もある。
 ◇掃除機のヘッド:モーターヘッドはモーターでブラシを回転させてゴミを掻き出す能力が高い。タービンヘッドはモーターヘッドに比べて集塵力は落ちるが、コストを抑えられる。床ブラシは風の力でゴミを吸い取りますが、ゴミを掻き出せません。。
 ◇静音性:60dB以下の稼働音であれば静か。特に騒音が気になるときは、50dB以下がよい。

☆ダイソン(dyson) V7 Trigger HH11MH

・特徴:特許技術のダイソンデジタルモーターV7は、毎分最大11万回転して、強力な吸引力を生み出し、最大30分間吸引力が落ちない。2 Tier Radialサイクロンテクノロジーで、微細なゴミやハウスダストを空気から分離し、部屋の空気よりもきれいな空気を排出。
・サイズ(㎝):幅14.4×奥行40.4×高さ20.6(モータヘッド、バッテリー含む)
・重量(㎏):1.76
・電源:バッテリー式(リチウムイオン電池)
・充電時間:約3.5時間
・運転時間(分):約30(モーター駆動のヘッドで20分間、強モードで6分間)
・集塵方式:サイクロン式(2 Tier Radialサイクロンテクノロジー)
・集塵容量(mL):?
・ヘッド:パワーヘッド
・排気:部屋の空気よりもきれいな空気を排出。
・付属品:ミニモーターヘッド、コンビネーションノズル、隙間ノズル

 アマゾンでは次のようなレビューがありました。
*驚いたのがやっぱり「吸引力」。布団を吸引すると、それまでの掃除機の4~5倍は吸い取れていて驚愕でした。騒音については、ドライヤー位。
*以前使っていたものより、ゴミの出し方は簡単でとってもよい。
*車内部であれ、部屋の隅であれ、机のPCの裏側であれ、とこでもコートレスだから簡単にお掃除できます。
*小型なのに普通の掃除機以上のパワーがあります。
*ルンバのサブ機として買ったが、吸引力とサッと取り出せる手軽さで我が家のメイン機に。
*空気の出方の方向が以前のものより下にでるので、あたりの小さなものなどが散らかり大変。

 吸引力についてはさすがにダイソンと満足されている人が多かったですが、期待したほどでもなかったという人もいました。強モードであれば十分なのでしょうが、それだと6分程度しか使えません。サッと掃除して充電すればよいのでしょうが、強モードのパワーでじっくり掃除したいという人にとっては物足りないかもしれませんね。ただ、広すぎる部屋とかではなければ、それでも十分だと思います。

created by Rinker
¥27,407 (2020/11/28 00:41:35時点 楽天市場調べ-詳細)

☆シャーク(Shark) EVOPOWER 充電式ハンディクリーナー (Shark EVOPOWER W35(アクアブルー))

・特徴:高出力モーターによるハイパワー仕上げ。バッテリーは着脱式。ワンタッチでゴミに触れることなく捨てられる。ダストカップとフィルターは取り外せて水洗い可能。バッテリーを充電・交換するタイミングも充電が終わったタイミングもバッテリーゲージが3段階で知らせてくれる。
・サイズ(㎝):幅5.3×奥行6.1×高さ41.9
・重量(㎏):0.62
・電源:バッテリー式(リチウムイオン電池2個)、充電ドック(Wバッテリー用/ノズル収納1ポケット)
・運転時間:約24分
・充電時間:約2.5時間
・集塵方式:カプセル式?
・集塵容量(mL):?
・付属品:隙間用ノズル 、マルチノズル、布団用ノズル

 アマゾンでは次のようなレビューがありました。
*スリムさとパワフルさを求めて購入。本体は500mlペットボトル大のスリムさで、見た目通りの軽さ。充電もすぐ切れることがない。
*思い立った時にパッと手に取ってサッと掃除出来ます。
*バッテリーが2つあるため、稼働時間は問題ありません。電池残量も一目でわかるのでありがたいです。
*吸引力はやはりそれなりですが、ちょこちょこ掃除には全然問題無し。
*キャンピングカー用にはコンパクトで重宝しています。アタッチメントで砂などある程度吸引します。
*充電器も小さく、そのドックにアジャストメントが収納できるので、その点も気に入っています。

 スリムで軽く、手軽に使えると、ほとんどが高評価でした。片手で手軽に掃除できるので、大きな掃除機を出すのが面倒だった人には特に重宝に使用できるようで、掃除の回数も増えそうです。


☆エレクトロラックス(Electrolux) ラピード・リチウム ウェットアンドドライ ZB6106WD ポーラーブルー

・特徴:クルマからキッチンまで。リチウムイオン電池搭載、乾湿両用タイプ。手首の負担が軽く楽に扱えるフロントホイールを搭載。人間工学に基づいてデザインされた持ちやすく疲れにくいハンドル。
・サイズ(㎝):幅41.0×奥行13.7×高さ12.4
・重量(㎏):1.0
・電源:充電式(バッテリー:リチウムイオン電池)
・運転時間:通常モード14分/最大モード10分
・充電時間:約4時間
・集塵方式:紙パックレス式
・集塵容量(mL):500、水容量は約100
・付属品:隙間ノズル、吸水ノズル

 アマゾンでは次のようなレビューがありました。
*クルマの清掃で小石がかなり取れました。
*軽くて持ち運びも言うことなしです。パワーもかなり有ります。
*さすがにエレクトロラックス吸引力抜群、もう少し音が静かならgood。
*簡単な機構で水を吸えるシステムに感動しました。
*購入の決め手となったのが、リチウムイオン電池搭載ということです。保護回路の働きで、充電、運転、充電、運転・・の繰り返しで全く問題なく動作しています。

 軽く、吸引力もあり、さらに水も吸える構造になっていて、非常に使えるクリーナーだと高評価でした。「クルマからキッチンまで」というキャッチフレーズどおりの商品ですね。


☆山善(YAMAZAN) ハンディクリーナー ホワイト ZHJ-340(W)

・特徴:乾電池式コードレスクリーナー。車のそうじに最適。
・サイズ(㎝):幅8.5×奥行20.0×高さ11.0
・重量(㎏):0.29(電池含まず)
・電源:乾電池式(単3アルカリ乾電池×4)
・運転時間:約35分
・集塵方式:ダストケース式(フィルター集塵式)
・集塵容量(mL):150
・付属品:隙間ノズル

 アマゾンでは次のようなレビューがありました。
*食卓下のパンくず、机の消しゴムカス、ベッド枕もとの抜け毛など、ちょっとしたところを短時間で掃除するのに重宝します。
*この商品は安価で数を揃えやすく、サイズが小さいから身近においておけます。乾電池式なので充電式のように充電スタンドや電源のある位置に左右されず、電池が切れたら交換してすぐ使えるのも良い。
*ちょっとしたホコリを取るのに大きい掃除機を持ち出すのは大変、でも気になるという方にお勧め。
*これはあくまでも卓上クリーナーなので、消しゴムカスや煙草の灰などが吸えれば十分なのだと思います。
*クルマの掃除につかっています。まずまず便利です。砂やそれほど大きくなければ小石もなんとか吸い込んでくれます。

 乾電池式で吸引力は期待できないものの、ほこりや髪の毛、猫の毛など用途を絞れば十分に便利に使えるハンディークリーナーですね。


 
 上記4機種を紹介しました。

 ハンディ型コードレス掃除機は、ほとんどが本体を軽くするためでしょうか、床ブラシを採用していますし、パワーも大きく期待できるものではありません。

 しかし、ハンディ型コードレス掃除機に最も期待されることは、手軽に気になった時にすぐに使用できることだと思います。ちょっとしたホコリや髪の毛を処理できればいいのか、キッチンやパウダールームまた結露の処理などをしたいのか、など、用途に応じた使い勝手の良い機種を選んで、小まめに掃除をして綺麗な環境を作っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました